はじめての転職

目次 > 7.退職の方法 > 7-2.円満退職へ

円満退社のために
個人病院などのほとんどは 大学病院、総合病院や一般企業などとは違い、
スタッフの数は少ないものです。

また 大病院にしても 人員に余裕をもってやっておられる病院も少なく
一人ひとりが 重要なポジションであるため 退職することによって
その病院や部署には 大きな影響が生じます
これは やむ終えない事情です。

そこで あらゆる病院側の事情も考慮し 自分の事情も考慮し
円満な退社を心がけていきます。
ほとんどの病院は新しく人材を補充する必要がでてきます。
その採用までに費やす時間
また 新しいスタッフが入社するまでの時間 引継ぎ時間
すべてが うまくいっても1ヶ月は かかるのが現状だと思います。
採用できるまで3ヶ月 というのも よくある話です。

それだけに 退職の意向が決まったら なるべく早く 伝えることが先決です。
円満退社の第一歩は
「いち早く 退職の意向を伝える」
です。

そして そのときに いつまでかを はっきりと伝え
(上記のような事情も考慮し やはり1ヶ月は欲しいものですが)
ずるずると 延びてしまわないようにしておくことも大事です。

→ 7-3.退職 あいさつ状
目次へ戻る